徳島県立徳島聴覚支援学校
 

教育相談

「きこえ・ことば」の相談活動

☆教育相談のご案内 詳細はこちら(教育相談のご案内.pdf

☆巡回相談のお申し込み
 (特別支援教育巡回相談員による巡回相談について)

 1.まずは,電話またはFAXでご連絡ください。
   日程の調整等を行います。
 2.日程の決定後,「①派遣依頼」と「②相談申込書」に
   必要事項を記入の上,郵送にてお申し込みください。

  ①派遣依頼(word).docx
  派遣依頼(一太郎).jtd
  ②相談申込書(一太郎).jtd

TEL 088-652=8594
FAX 088-655-3497
e-mail
 kikoe_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp

   (受付 サポート課 中山)

 

要約筆記申込


次の「情報支援員派遣申込書」に必要事項を御記入の上,FAXにてお申込みください。
文字情報支援ボランティア派遣申込書.xls
 
COUNTER1016000
    since 2009/11/05

高等部の概要

◆高等部では,高等学校に準ずる教育を行っています。
高等学校での教科学習とともに,専門的技能を習得しています。
本 科(3カ年)・・・普通科,理容科,産業情報科
専攻科(1カ年)・・・理容科

◆障がいを併せ有する生徒には,個に応じた教育課程を編成し,家庭や関係機関と連携して教育を行っています。 

※教育目標は学校概要-学校経営方針 高等部教育目標に掲載
※生徒数等は学校概要- 幼児・児童生徒及び職員数に掲載
 

日誌

高等部日誌 >> 記事詳細

2015/03/18

ユニバーサルミュージアム発表会

| by:生徒活動課
2月13日金曜日
徳島県立近代美術館で行われた『アートでつながる ユニバーサルミュージアム発表会』
に聴覚支援学校の高等部1年生が参加しました。

この企画は視覚障がい,聴覚障がい,就学前幼児,外国人,高齢者の方々がいつもよりさらに
美術館を楽しむことをテーマにした展覧会です。

展覧会の催しの一つである『交流トークをしてみよう』に徳島聴覚支援学校の生徒が中心となって参加しました。司会や説明を担当し,一般の方々と美術館の展示を見て回ります。
内容はゲーム感覚で,「勝手にしんさいん」グループと「指示書」グループの2班に分かれ,作品鑑賞を行い自分なりの絵や彫刻の見方を紹介し合いました。
ゲストのデザイナーの西岡克浩さん,明治学院大学講師の半田こずえさんを招いての活動です。(聞こえにくい人,見えにくい人も参加しやすいよう十分なサポートがあります)

               

                      少し早めに美術館に入り,学芸員の方と打ち合わせです。

                                         いよいよ『交流トーク』が始まります。
「勝手にしんさいん」グループは,徳島聴覚支援学校の生徒がつけた「賞」にぴったりだと思う作品を探すゲーム。
ゲストの西岡克浩さんを交えての活動です。
               

          絵画の審査を通して,一般の方々とも交流が深まります。

          楽しい感想,意見が飛び交う,いい交流の場となりました。


「指示書」グループは,最初に2人がペアとなり,自己紹介で親しくなります。
徳島視覚支援学校の生徒も参加しました!
ゲストの半田こずえさんを交えての活動です。
                             

「見る」よりも,目を閉じて「触る」作品鑑賞。
今回は美術館の学芸員さんのご厚意により実現した,鑑賞方法です。

                      

最後は全体での交流トーク。ゲストを囲んでのフリートークもありました。仕事について,将来の進路について,いろいろな角度からお話をいただき,大変刺激をうけました。

                                 

事前実習から本番まで,丁寧にご指導下さった,美術館の竹内先生・亀井先生
ありがとうございました。
手話通訳や要約筆記の方にもお世話になりました。
またの機会を楽しみにしています。
13:00 | 投票する | 投票数(1)

フォトアルバム

高等部修学旅行in東京方面

高等部修学旅行in東京方面を開きます。
10枚
高等部修学旅行in東京方面

登録者:Web管理者 | 2014/06/14(4票)