徳島県立徳島聴覚支援学校
 

教育相談

「きこえ・ことば」の相談活動

☆教育相談のご案内 詳細はこちら(教育相談のご案内.pdf

☆巡回相談のお申し込み
 (特別支援教育巡回相談員による巡回相談について)

 1.まずは,電話またはFAXでご連絡ください。
   日程の調整等を行います。
 2.日程の決定後,「①派遣依頼」と「②相談申込書」に
   必要事項を記入の上,郵送にてお申し込みください。

  ①派遣依頼(word).docx
  派遣依頼(一太郎).jtd
  ②相談申込書(一太郎).jtd

TEL 088-652=8594
FAX 088-655-3497
e-mail
 kikoe_soudan@mt.tokushima-ec.ed.jp

   (受付 サポート課 中山)

 

要約筆記申込


次の「情報支援員派遣申込書」に必要事項を御記入の上,FAXにてお申込みください。
文字情報支援ボランティア派遣申込書.xls
 
COUNTER1014343
    since 2009/11/05

校長室

校長室だより >> 記事詳細

2017/03/24

「特別支援教育この10年の思い」

| by:校長

 地域や保護者の皆様、教職員の皆様のご支援、ご協力のおかげで1年間、4つのつながる(学びがつながる・未来へつながる・地域とつながる・心がつながる)に関連した教育活動が充実したものになりました。心から感謝申し上げます。
  さて、私自身ある会議で「特別支援教育」について話をする機会がありましたので、少しそのお話をします。「特別支援教育」は、平成19年4月に始まり、今年で11年目を迎えます。この10年余りの学校現場での変化を振り返ってみますと、一番の変化は、保護者と教職員の関係だと思います。「特別支援教育」が、始まり、特別支援学校の中では、幼児・児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じて「個別の教育支援計画」と「個別の指導計画」を作成することが義務づけられました。そのため、教職員が考える指導目標や内容と保護者の願いやニーズなどの調整が必要となりました。その結果現在では、特別支援学校では、保護者と教職員が十分に連携を図った上で、授業が進められるという理想の教育に近い形となってきたように思います。特に、本校や聴覚支援学校の幼稚部では、特別支援教育が始まる前から、保護者と教職員が緊密に連携した保育が行われており、特別支援教育を先進的に実践してきた学校(学部)として賞賛に値するものと思っております。
 そして、これからの学校は想定できない課題の解決に向けて、地域や保護者の皆様、関係機関の皆様と教職員が、一層連携していく必要があります。そこで、平成29年度も地域の皆様をはじめ保護者の皆様にお力添えを頂くとともに、今年度と同様に連携協力をよろしくお願いいたします。

 


 


08:00