新着

ブログ

2年ぶりに集まっての合同親睦会です 司会原稿やゲームの得点表もバッチリ仕上がっています     今回はストップウォッチを使い,20秒ピッタリで止めるゲームをしました。 誤差が少ないチームの勝ちです。 舎生チーム vs 職員チームの対戦は忖度なしの真剣勝負 2試合の接戦をものにしたのは…職員チーム!       本来は2試合で終了予定でしたが,  舎生より「泣きの1回をお願いします」との声が。  各チーム代表1名による決定戦の結果,  無事(?) 舎生チームの勝利       お楽しみの景品をもらい,満足そうな笑顔が印象的です 行事のあと,それぞれのおすすめお菓子を食べた感想を 相手に伝え合うなど,普段はない交流場面も生まれています 感染症対策のため,短時間での実施となりましたが,笑顔あふれる行事になりました 今回の行事を通して,他生の新たな一面を知った舎生もいたようです。     これからも,両校舎生が協力し合いながら,楽しい寄宿舎にしてもらいたいと思います
今年度も新型コロナ感染症拡大の影響を受け,運動会のみならず文化祭も中止になりました。 代替行事として,幼稚部から高等部までの全校交流会,題して『とくちょー祭(さい)!』を 10月22日金曜日の午前中に開催いたしました。 『とくちょー祭!』は中学部生徒が考察し,「徳聴」と「特長」をかけています。 楽しそうなイメージになるようにひらがなを使って「とくちょー」にしたそうです。   生徒会が進行する開会式後,中学部の『劇DAN おどるほうせき』を鑑賞し, その後は各学部が考案したコーナー企画の ターゲットボッチャ・缶バッジつくり・とくちょーギネスに挑戦 トリックオアトリート!・かふぇキンダーガーデン の5つを楽しみました。  幼稚部や小学部の幼児児童は普段はあまり交流のない中学部高等部の生徒にサポートされ, お兄さんお姉さんと楽しく過ごすことができていました。中高の生徒も幼児児童と楽しく交流できた様子でした。  新型コロナウイルス感染症の拡大防止を第一に考え、残念ながら非公開での実施となりました。 保護者の方にもぜひ参観していただきたかったのですが,文化祭中止のお知らせと、 とくちょー祭の紹介プリントを配付...
毎年寄宿舎では,視覚聴覚両校で合同親睦会を実施しています。 両校舎生が一緒に活動する貴重な機会です。   ゲームの得点表作成などの事前準備,司会進行などの当日係を 舎生同士が相談して分担を決めました。 また,その役割をこなすための段取りなどもそれぞれが考えました。   当日の景品は,各舎生おすすめのお菓子詰め合わせです   「○○さんはチョコが好きって言ってたなぁ」   「△△さんは酸っぱい物が苦手らしい」 事前にリサーチし,相手のことを考えながら各自で準備しました。       どんな親睦会になるか楽しみですね